So-net無料ブログ作成
広告スペース

テンペスト あらすじ

テンペスト あらすじ

真鶴は、女であるというだけで学問を修められないことを不公平に思っていた。

跡継ぎを期待されていた兄の失踪を機に、性を偽って生きていくことを決めた。

科試に合格した寧温は、王府の役人として、
降りかかる難題を次々と解決し、最速の出世を遂げていく。

そんな寧温を阻む、数々の敵がいた。

遂に謀反人として八重山に流刑にされた寧温は真鶴に戻り、九死に一生を得る。

その類稀なる美貌と才覚を見初められ、自分の意思とは裏腹に王の側室として王宮へ返り咲くこととなる。
平穏な生活はペリーの来航により風雲急を告げる。

外交に長けた人物として、八重山にいる(と思われている)孫寧温に王府へ戻るよう王命が下る。

昼間は宦官の役人、夜は側室と、真鶴は一人二役をこなさなければならなくなってしまう。






Copyright © 水玉メモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。